代表挨拶

この度は私どものWebサイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
いつの時代にあっても、不動産は文字どおり「動かぬ資産」です。毎年発表される公示地価においても、その土地の効率性に応じて地価の上昇が示されるなど、不動産がゆるぎない価値を有することの裏付けと申せましょう。
不動産は長期的に安心して保有でき、節税効果も大きく、安定的な収益をもたらしてくれる資産です。将来の公的年金制度への不安に加え、各種増税を余儀なくされている昨今、ご自身の生活はご自身で守るしか術は無くなっているのではないでしょうか。そこで長期的に安定した収益を生み出せる資産を保有する意義も高まっております。

しかも、新しい不動産価格の尺度として「収益還元法」、すなわちその不動産が生み出す果実(=賃貸収入)から現在価値を導き出す手法が常識となってまいりましたので、不動産価格の透明性が格段に向上し、安心して購入いただけるようになりました。また、給与所得者にとって最も有力な節税方法が不動産投資であることは、すでに皆様ご高承のとおりです。
私どもはあえて「インベストメント(投資)」という言葉を社名として冠しておりますが、ここにはささやかな挑戦の気持ちが込められております。インベストメントと聞きますと、わが国ではどうしても「リスクが高い」ように思われがちですが、私どもの目指す世界はその対極にございます。
リーマンショック以降、日本の不動産市況も取引数が一時的に減少しました。 しかしこの数年は一般投資家の方々も含め、不動産の取引件数は増加の一途を辿っています。そして外資系大手投資銀行が日本の不動産に対し、積極的資金再投下をはじめるというニュースもありました。ただ、我々は単に売り買いしていただく不動産ではなく、保有し、活用し、着実に資産形成していく。そうした真の意味での不動産投資として、できる限りリスクを抑えたご提案をさせていただき、皆様方に不動産投資の有利さを実感していただきたいと切に願っているからでございます。

Page Top