日本の年季制度は既に崩壊しています。
今現在、老後に対する不安を少なからず持っている方がどれだけいらっしゃるでしょうか。
その中で早くからきちんとした備えをされている方はごく僅かだと思います。私自身もその一人です。
ゆとりある老後を過ごすため預貯金を切り崩すと数千万円必要だと言われています。
不動産は文字通り動かぬ財産です。「マンション経営」には実物投資ならではの安心感があると思います。

常に前向きな姿勢、折れない心を持つ事。
社会人となり、周りの友人は皆就職活動を成功させ、順調な社会人生活を過ごしていました。 それに焦りを感じた私は、私の人間性で勝負できる会社は無いものかと思っておりました。それがPIMでした。 私が誇れるのは常に前向きな姿勢で、強い気持ちで仕事に臨むことです。
お客様と二人三脚で将来の資産形成をする。
PIMの良さはお客様との距離感です。
私もなるべくお客様に近づき、ご信頼をいただいておりますし、私もお客様を信頼しています。不動産は決して小さな買い物ではありません。マンション経営も1人でおやりになるという感覚ではなく、私共と一緒になって将来に向けた資産形成をしていただきたいと思います。 不動産だけにとらわれず、総合的にお客様のライフプランのご相談に乗らせていただければと思います。

Page Top